一人暮らしは自炊で食費をかなり減らせます

一人暮らしは自炊で食費をかなり減らせます

食材はとにかく安いものを選択

野菜、肉、魚、加工品その他全て、とにかく安いものを購入します。働いていると特売日をめがけて買いに行くのもなかなか難しいので、産地や鮮度にこだわっていては食費の節約はできません。
値引きしているものも狙い目です。肉や魚は冷凍保存できるので、大きく値引きしているものはその時に買っておくとあとで助かります。
「安くなければ買わない」「安いものしか買わない」くらいの気持ちで買い物をするのがコツですね。

朝昼晩、3食同じメニューで節約

同じメニューが続いても一人暮らしなら気にすることはありません。
朝食とお弁当のおかずが同じなのはほぼ毎日のことです。
夕食で何かを作れば当然お弁当にも入れるので、夕食を作る時にはお弁当のおかずも一緒に作ってしまいます。朝はごはんをつめるだけでいいので時短にもなります。少し多めに作って朝食のおかずにもしてしまえば、食材の種類がなくても夜に1回の調理で1日分の食事を作ることができるというわけです。

 

野菜は皮まで徹底的に使って節約

特に野菜は、廃棄率が非常に低い使い方をしています。
大根や人参の皮はもちろん使います。大根は葉のついたものを選んで買い、葉の部分も食材として使います。これでお弁当の1品が作れるので無駄にはできません。
葉物の一番外側の葉を捨てるなんてとんでもない。見かけが悪ければ家で食べる分として使えばいいのです。
ほうれん草や小松菜も、外側の葉から1枚ずつ取って使えば根元まで完璧に使え、残った分は根元を湿らせたキッチンペーパーでくるんでおけば長持ちします。"


ホーム RSS購読 サイトマップ