ちょっとした工夫で出来る節約術

ちょっとした工夫で出来る節約術

洗濯機の利用回数を減らす

洗濯は水を多く使ってしまいます。
そのため、できるだけ洗濯機を利用する回数を減らすことが必要です。

 

下着類などの汗をかきやすいものは、入浴時に手洗いすると良いでしょう。
衣服などが溜まってきたら、まとめて洗濯機で洗うようにします。

 

また、バスタオルは洗濯物の量が増えてしまうので、小さいサイズのタオルに変えれば、毎回取り替えてもそれほどかさばりません。

おかずはまとめて作って冷凍保存

一人暮らしだと食材を買っても、量が多いために余ってしまうことが良くあります。
そこで、食材を使い切って数回分のおかずを作って、冷凍保存しておくと良いでしょう。

 

ガス代の節約にもなりますし、時間がない時や食事を作りたくない時は、冷凍保存してあるおかずと解凍加熱するだけで食事ができます。

 

ご飯もまとめて炊いておき、小分けにしておけば、レンジでチンするだけで温かい食事ができます。

 

電気料を見直してみる

一人暮らしの場合、ちょっと工夫をすれば、一度にたくさんの電気を使わなくて済むようになります。
そこで、見直ししたいのが、電気の基本アンペアと待機電力です。

 

基本アンペアを1つ下げたとしても、それほど生活に支障は出ないと思います。
普段、自分が使用している電力を調べてみて、基本アンペアが多すぎる時は下げると良いでしょう。

 

また、待機電力も無駄な電気ですので、こまめに切ることが大切です。"


ホーム RSS購読 サイトマップ